So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
【雑記】社会 ブログトップ

【雑記】女性保護施設(シェルター)の実態 [【雑記】社会]

最近知って驚いた事がある。
それが、『女性保護施設の実態』だ。

このお話は、とある県の公的な施設の内容である。

Aさんは、20代女性。
ある男性からの、ストーカー行為に悩んだAさんは、警察の窓口に相談した。
そこで、「もしもの事があってはいけないので…。」と、一時的な避難場所であるシェルターへの入所を勧められた。
すっかり怯えていたAさんは、二つ返事で入所を決意する。

警察と市の機関の連係プレー。ここまでは、よかったのだが・・・。

いざ入所してみて、Aさんは驚いた。
まず、持ち物全て検査が行われる。所持金も調べられ、携帯電話も煙草も没収された。
そして、「施設の事は、他言しない」という内容の誓約書にサイン。(場所等が知れると、保護されている方の身に危険が及ぶから・・・だけなのか?)
その後、部屋に通された。4畳半くらいの畳の部屋。
部屋にあったのは、カラーボックス折りたたみ式のテーブル、電気スタンド布団が一式。
トイレやお風呂は共同で、食事は食堂で済ませる。
ただなので文句はいえないのだが、病院食のようだったという。
生活は、集団行動。煙草は一日3本。監視のもと一本ずつ渡さる。
外出も制限され、何か必要なものを買いにいく時も、付き添われる事さえあったらしい。
施設に戻ると、いくら使ったか等の収支を記入させられる。など。。。

ここまで読んでお分かりかと思うが、これでは「保護施設」ではなく、まるで「収容所」のようだ。
ストーカー行為に悩み、自由を求めて施設に来たのに…。
Aさんには、もっと拘束される生活が待っていた。

そして「収容所」と書いたのには、もう一つ理由がある。
所員の対応だ。
まるで、何かの中毒患者に対する対応かと見紛う様な態度と監視体制。
ちょっとした買い物から返った後、体のにおいを嗅がれたりもしたらしい。

彼女は、ストーカー被害者だ。
DV被害の入所者も居た。
安全を確保出来るとは言え、これはあんまりではないだろうか。

ただし、これは一例にすぎない。
ましてや、民間のシェルターならこんな事はないと思う。

だが・・・たった一例でも、
こういう現状があるのは問題だと思った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【雑記】『毎日新聞・変態報道』関係者処分決まるも更に燃料投下 [【雑記】社会]

『毎日新聞・変態報道』関係者処分決まるも更に燃料投下

先日の【雑記】「なんでワイドショーは取り上げないの?!」と、しびれを切らしてみる。に書いたニュースに関してなのですが。。

どんなことが書かれてきたのかっていうのが、後から出るわ出るわ。
2ちゃんねるを、ずっとロムってるのですが、マジで開いた口が塞がりません。

ったく・・・皇室まで、エロにこじつけてやがる。

別に偏った思想は持ってないけど、その原文約を読んで、普通に嫌悪感ありました。

そんな中、関係者の処分決定とのニュース。
-------------------------------------------------
毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分

毎日新聞社は27日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」に
不適切な記事が掲載された問題で、コラムを担当していた英文毎日編集部記者を懲戒休職3カ月にした。
また、監督責任を問い高橋弘司英文毎日編集部長を役職停止2カ月、当時のデジタルメディア局次長の
磯野彰彦デジタルメディア局長を役職停止1カ月の懲戒処分とした。このほか、当時のデジタルメディア局長の
長谷川篤取締役デジタルメディア担当が役員報酬の20%(1カ月)、当時の常務デジタルメディア担当の
朝比奈豊社長が役員報酬10%(1カ月)を返上する処分とした。

本社は、担当記者が国内の雑誌に掲載された風俗記事を英文サイトに引用する際、不適切な描写のまま英文に
翻訳した結果、多くの読者に不快感を与え、インターネット上で批判を受けるなど信頼を損なったと判断した。
上司については、記事のチェックを怠るなどの監督責任を問うた。WaiWaiは今月21日に閉鎖している。

長谷川篤取締役デジタルメディア担当の話 読者の皆様の信頼を損ない、誠に申し訳ありませんでした。
今回の問題を真摯(しんし)に反省し、信頼されるウェブサイトの編集、制作に全力を挙げます。
---------------------------------------------------------
上は、毎日jpに載せられた記事のはずだけど、何故か既にnot found。失笑
というわけで、原文へのリンクはありません。

処分の内容はさておき、ちゃんと問題にしてるのは認めようかと思った矢先…。
---------------------------------------------------------
◇第三者機関に見解求める
インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。
---------------------------------------------------------
・・・・おい。変な文章追加されてるぞ。汗

自分達は、「日本人女性は淫乱で、幼女から老女まで売女だからやりたい放題だよ。日本人男性は変態で男色だよ。」と、5〜9年書き続けたんじゃないの?
引用元を直訳せず、おもしろおかしく書きまくった結果、英語圏の人々の印象を確たるものとし、日本人全員を侮辱した挙げ句、犯罪もしくは未遂の被害者を出してる可能性があり、今後も出す可能性がある。ってのは・・・どこへ投げてしまったの?

つか…実際、そんな記事バッカリってイメージついちゃった。
日本のサイトにだって、人間性を疑う様な不謹慎な英語クイズ載せたり、アクセス数の為なのか…事あれば『sex特集』じゃん。
それに、やった事の大きさ考えたら、こんな文章出て来ないと思う。
結局、自分達は力があるし、メディアだからいいんだ。一般人は黙っておけ。そういう意識なんだよね。

処分の記事が上がって、威嚇を書き足して、挙げ句の果てに削除した、毎日新聞社の意図を計りかねます。
そして・・・本当は、犯罪級の事件を犯した自覚もなければ、罪悪感もなく反省もしていないんだって感じました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【雑記】「なんでワイドショーは取り上げないの?!」と、しびれを切らしてみる。 [【雑記】社会]

毎日新聞英語版サイト「変態ニュース」を世界発信

毎日新聞英語版サイト「変態ニュース」を世界発信
J-CASTニュース

これを知った当初は、生暖かく見守っていたのだけど・・・だんだん背筋が寒くなってきたので書いてみます。

ネットの中では、大騒ぎ(?)になっているこのニュース。知れば知る程、ヒドい内容なんです。

一部、書き出してみると。
「日本のティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする」
「日本の最新の流行 : 70歳の売春婦」
「老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある」
「日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる」
「女装・男色は日本の伝統で、八坂神社では日本中の男が憧れる女装祭りを行っている」
「日本人は皆柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている」
「日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している、風俗に行くならコインランドリーに行くべし」
「母は、成績を落とさないために堕落する」
「防衛省は‘ロリータ’マンガキャラクターを使って内部を明らかにする」
「首相は、結婚ではなくオナニーのおかげで権力の座を確保できると主張する」
「24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている」

ソースとされている元も、間違いなくでっち上げ。大真面目に転載されているサイトも多くあります。汗
(詳しくは、毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki毎日新聞英語版から過去に配信された記事をご参照ください。)

とまぁこんな具合に、なんと5年間に渡り『日本人は変態だ』というコラムが綴られてきた訳ですが…。(その時点で驚き。苦笑)
このニュースを目にした直後は、「冗談だって思ってくれてるだろう」などという甘い考えでおりました。
しかし・・・どうやら、そうではないらしいのです。汗

実際に、
「海外で、変な質問をされた。当時は、意味が分からなかったけど、やっと分かった。」とか
外国語訛りの人に、こんなことしてるんだろ?俺にもしてくれと言われ、怖くて逃げた。こういうことだったのか。」という書き込みを目にしたり、
「実は、一ヶ月2000万アクセスのある人気サイトで、冗談扱いされてない。本気でバカにされてる。」なんて情報を知ってしまうと・・・事の重大さに気がつきます。滝汗

現在、サイトの記事は削除されていますが、訂正やお詫びはありません。「文句言われたので消します」状態です。苦笑
そして・・・マスコミは、ビックリする程、静かですね。冷笑
以前、長野の聖火リレーの際、事実を隠蔽する報道ばかりを伝えたマスメディア。日々、どれだけの情報操作を行っているか、計り知れません。
っていうか、報道だってエンターテイメント。w 
最初から信じちゃいけないんですけどね。www

というわけで、
海外の方から変態じみた事言われたら、毎日新聞のせいだってコトを、あらかじめ認識しておきたいと思います。w

=追記=
まとめ動画が作成されていました。

制作者様、お疲れさまです!

そうそう。毎日jp英語クイズが、いくつかとんでもないのを載っけてたけど、慌てて削除したみたい。
毎日新聞…必死だな。w


それから、Yahoo!ニュース欄についたコメントが、削除部隊(?)によって間引かれているらしい。
こんな記事書いたら、ブログごと消されるかしら?w
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
【雑記】社会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。